56歳のカワイピアノ〜山梨市Kさま〜

8月最終日に仕事で出会ったピアノは…

56歳になるカワイのピアノでした。

状態のご説明をしながら、年式の古さや、なんと…
○○○の巣があり、部品が所々かじられてしまっていて、
どこまで、直すかなど悩む部分もありましたが…

↑鍵盤の下に、ピアノの部品を寄せ集めて作られたのは
【ネズミの巣!】

25年仕事をしていて、ネズミの巣に遭遇したのは10件あったかどうか…
その中でも1.2を争う!?芸術的な出来でした(笑)

Kさまとご相談の末、しばらくお弾きいただける状態にさせていただくため、
まずは、巣のお掃除だけして、アクションはお預かりし
工房にて修理させていただくことにしました。

燃費が気になりつつ乗り続けている車は、
軽自動車ですがアクションを余裕で載せられます。

夏の終わりの工房にて、作業開始。
まずはネズミに囓られて、切れてしまった「ブライドルテープ」を10本交換

   

アクションの境目が隙間がありねずみに囓られやすいです^^;

あとは、接着剥がれで、ハンマーフェルトが落ちていたので、再接着しました。

その他、センターピン交換多数もし…
ハンマー整形他、細部の点検調整をし
お客さま宅にて、仕上げ調律&調整を行いました。

関連記事

  1. ヤマハ〜トランスアコースティックピアノ納品〜神奈川県Nさま

  2. 平成31年の仕事始め

  3. 音楽劇『モーツァルト、天才の愛と葛藤』5/21

  4. 中古ピアノ選定へ

  5. 山中湖別荘地〜Eさまに嫁ぐヤマハピアノ〜

  6. 南部町Tさまのピアノ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 9月 16日